「ビーン・トゥ・バー(Bean to Bar)」という言葉をご存知でしょうか?
チョコレート好きさんにとってはもはや定番の言葉かもしれませんが、この「ビーン・トゥ・バー(Bean to Bar)」は、チョコレート界の新しいトレンドなんです☆

「ビーン・トゥ・バー(Bean to Bar)」とは…
カカオ豆の買い付けからチョコレートを製造するまでの全ての工程を一貫して行うこと。
カカオ豆は国ごとで特徴があるため、お店によってさまざまなフレーバーや舌触りが楽しめます。

オーナーシェフこだわりのチョコレート専門店「マジドゥショコラ」とは?

2016年12月17日に自由が丘にオープンしたばかりの「マジドゥショコラ」も、ビーン・トゥ・バー(Bean to Bar)にこだわったチョコレート専門店。
そのコンセプトは、カカオ豆を育てている生産者への「感謝の心」。
ありがとうの気持ちとともに、各産地の農園で大切に育てられてきたカカオ豆を、丹精込めてチョコレートに仕上げます。
”カカオに関わる全ての人が、笑顔になるように。”
そんな優しい気持ちであふれたチョコレート達が、みなさまをお店で迎え入れてくれます。
カフェも併設されており、そこでしか堪能できないメニューもありますよ♪

Magie du chocolat マジドゥショコラ

お店の名前を背負った看板メニュー。
スフレから着想した独自の製法で焼き上げられた、半生チョコレートケーキ。
一口食べれば、芳醇な香りと濃厚かつなめらかな口あたりが広がり、つい何個でも口にしてしまう美味しさです。

Magie de cacao マジドカカオ

口溶けのいいチョコレートとさくっとしたクッキーの相性がバツグンな、進化したチョコレートサンド。
追求に追求を重ねてたどり着いた極上のバランスは、食べた人を自然と笑顔に導きます。

No.4 ナンバーフォー

ミルキーでほんのり塩気も感じられるブロンドチョコレートと、カカオ55%のチョコレートの相性は絶品。
2層の生チョコレートが織りなすコントラストを、存分にお楽しみいただけます。

Monde chocolat モンドチョコレート

ビーン・トゥ・バー(Bean to Bar)の魅力をダイレクトに感じられるチョコレート。
国ごとで異なるカカオ豆の特徴を活かし丁寧に作り上げられたチョコレートは、様々な味わいを届けてくれます。

Cacao softcream カカオソフトクリーム

2つの産地のチョコレートソフトクリーム。
それぞれのカカオのアロマが混ざり合い、ほのかな苦味に大人の雰囲気が漂うなめらかなソフトクリームです。

様々なフレーバーや舌触りが楽しめるチョコレートたちに絶品の声♪

生チョコスフレは独特の食感で、砂糖はビーコン!口溶けがすごい!実際にいただきましたが、濃厚で、すーーーっととろけるの♡
気になるものがいっぱいなのでまた立ち寄りたいですヽ(*´∀`)ノ

絶妙な味わいの滑らかな生チョコ!美味しい!!
カカオ豆の魅力を存分に楽しませてくれるショコラトリーのオープンにワクワク♪
イートインメニューが気になるので、私もまた改めて行ってみようと思います!

マジドゥショコラの「タンザニア75」というものを試食させていただきました。濃厚で、焼き加減が絶妙~~☆
ふんわりとして、それでいてしっとりしているチョコレート生地。とても美味しい~~♥♥
No.4は上段がブロンドチョコレーとで、2層楽しめるのが魅力の一品です。

店内はチョコレート好きにはたまらないお菓子ばかり。
お店のイチオシは、マジ ドゥ ショコラ★
フォークを入れると「ジュワッ」と音がするよう。生チョコのように濃厚なのに重くなく、スフレのように軽すぎない。とっても不思議な食感のチョコレートケーキです。
ホットチョコレート今度飲みに行きたいと思っています♪

優しい思いを込めながら作られたチョコレートは贈った大切な人も笑顔に。ホリデーシーズンのギフトとして、バレンタインにマジドゥショコラの魔法で受け取ったあの方に思いを込めて。頑張った自分のご褒美として幸せな時間をくれる、まさに魔法のチョコレートです♪

本格的なチョコレートを求めるなら、自由が丘の「マジドゥショコラ」へ!

<所在地>
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-33-14 1F
<電話番号>
03-6809-8366
<アクセス>
東急東横線/東急大井町線/自由が丘駅徒歩3分
<営業時間>
10:00-19:00(カフェL.O 17:30)
<定休日>
火曜日
<席数>
6席(全席禁煙)

世界各国の厳選したカカオ使用のビーン・トゥ・バー(Bean to Bar)「マジドゥショコラ」
http://www.magieduchocolat.com/

「マジ」とは、「魔法をかける」という言葉。
各国それぞれの表情を持つカカオ豆と職人たちのチョコレートへのこだわり。
両者が繰り出す”笑顔の魔法”を味わうべく、お店へ足を運んでみてはいかがでしょうか?